ゆうパック 引越し

単身引越しを安くする裏ワザ!

ゆうパック伝票

 

一人暮らしの引越しなら、ゆうパックや宅急便を使って新居に荷物を送ってしまえば、かなり安上がりに引越しできてしまいます! 特に「福岡から東京へ」「北海道から大阪へ」のように長距離の引越しなら、安くなる可能性があります。

 

ただし、それは段ボールに入らないような大きな家具がない場合、また、壊れやすい家電などがない場合に限ります。あくまでおおよそですが、目安としては、送りたいものが衣類や雑貨のようなものだけで、合計10箱以内くらい。家電・家具は全て新居で揃えよう、という人におすすめの方法となります。

 

※ ゆうパックで送れる荷物の大きさは、縦、横、高さの合計が60センチから170センチまでと決められています。3辺の合計値ですので、その点注意してください。

 

もし、荷物の量、大きさ、内容が心配な場合は、まずは引越し業者の相場をチェックすることをおすすめします。その際便利なのが、引越しの一括見積もり

 

このサービスは、クロネコヤマト、サカイ引越センター、アート引越センターなどの大手引越し業者や、地域密着の激安中小業者の引越し料金を見積もり比較できるサービス。各社の料金を見てみてから、ゆうパックを利用するか、業者にするかどうか決めても、全然遅くはないはず!

 

ちなみに、大手業者には「単身パック」というプランがあります。これは、だいたい押入れく1つぶんくらいの大きさのカートに、荷物を詰め込んで送るというサービス。家電や家具も問題なくカートに入れられます。輸送方式は混載便という、他の人と一緒になりますので、料金は激安! ぜひ、一括見積もりを利用する際には、業者に単身パックについても見積もりしてもらってください!

 

 

ガソリンスタンド 引越しの一括見積もりのホームページはここ。

 

 

サービスは完全無料です。最終的に業者に頼むのはやめて、ゆうパックにしても料金は一切かかりませんので、まずは相場をチェックしましょう!

宅配便とゆうパック、安いのは…

宅配便とゆうパック、荷物の大きさや距離によりますが、基本的に料金が安いのはゆうパックのほうです。

 

宅急便で引越し

 

クロネコヤマトや佐川などの宅配便と、郵便局のゆうパック。
どちらも大手のサービスですし、荷物の扱いは比較的信頼度が高く、再配達や荷物の追跡などのサービスなども充実しています。
どちらがどうおトクかというと、なかなか比較は難しいところかもしれません。

 

が、実は、ゆうパックのほうがオトク!というケース、あるんですよ。
なぜかというと、ゆうパックの料金システムは、荷物のサイズと距離のみで価格設定されているからなんです。
クロネコヤマトなどでは、荷物のサイズと距離に加えて重さも料金に関係してきます。

 

例えば同じ60サイズの荷物で重たいものを送る場合。
クロネコヤマトなどで送ると、30キロオーバーの場合、ワンランク上の料金が適用されてしまいますが、ゆうパックの場合は60サイズの料金。
重たいものなら、ゆうパックのほうが安く送ることができます。
引越しで利用する際には、段ボールがパンパンになるくらい重い荷物を詰め込むこともあると思います。
ですので、特に、引越しでの利用にはお得かもしれません。

 

それだけではなく、どちらかというと、ゆうパックのほうが安いケースが多いという意見もあります。
もちろん発送元、そして送り先、荷物の大きさにもよりますが。
一方で、時間帯指定などの細かいサービスやちょっとした荷物の扱いなど、サービス内容を見ると宅配便のほうがよいという人も多いようです。
安いのはゆうパック、サービス面をいろいろ期待するのなら宅配便、と考えるのがよいようですよ!

 

このページの先頭へ戻る

ゆうパックの料金システムについて

ゆうパックは基本的に荷物のサイズと運搬距離で料金が決まります。複数個割引や持ち込み割引などもあります。

ゆうパック

 

ゆうパックは郵便局による宅配便のサービスです。
オトクな割引制度もありますし、信頼できる宅配便として支持されていますよね。

 

割引制度の一つ目は、「持込割引」です。
郵便局の窓口へ持ち込むことで料金が割引されます。
ということは逆に荷物を引き取りにきてくれるっていうことでもあるわけなのですが、窓口に持ち込む荷物1つに対して100円の割引がされます。
ゆうパックの取り扱いのあるコンビニへの持込みでもOKです。

 

二つ目の割引制度は「同一あて先割引」です。
同じ宛先に複数の荷物を送ると、これまた割引が適用されます。
差し出し前1年以内に差し出されたゆうパックで、同一の宛先が記載されているゆうパックラベルの控えを添えて差し出すと、荷物1個につき50円の割引が適用されます。

 

三つ目は「複数口割引」です。
同一宛先の荷物を一度に複数個(2個以上)差し出した際も、1個につき50円割引になります。

 

ゆうパックでの引越しを考えている場合、「同一あて先割引」と「複数口割引」はうれしいですね。
ただし「同一宛先割引」「複数口割引」の併用はできないそうですので、
残念ながら、どちらかのみの適用となります。。
1個100円の割引になる「持込割引」は頑張りたいところですが、どうでしょう・・・台車がないと厳しいですよね。
重い荷物を郵便局まで何度も往復・・・腰を痛めてしまいそうです。

 

ゆうパックの料金は基本的に荷物のサイズと距離で決まります。
荷物の重さは関係ありません。
ですから、同じ大きさで重たいものを送るような場合は、他社の宅急便よりもゆうパックのほうがおトクだということですよね。
料金をあらかじめ知りたいときは、インターネットなどで計算できるようになっています。
また通常の荷物の他、空港で荷物を受け取るタイプ(空港ゆうパック)や、ゴルフ、スキー用具を送るゆうパック、また、保冷で荷物を送るチルドゆうパックなどもありますので、用途によってうまく使い分けたいですね。

 

このページの先頭へ戻る

ゆうパックの時間指定と日数

ゆうパックの時間指定は6つの時間帯から希望の時間を指定することができます。再配達に関しても同様です。

 

ゆうパックは配達時間帯の希望を出す事が可能です。
日曜や休日も含め、お客さまの指定した日に配達してくれますので、
引越しで利用する場合でも助かります。
配達時間帯は6つに分かれています。
・午前中
・12時頃から14時頃
・14時頃から16時頃
・16時頃から18時頃
・18時頃から20時頃
・20時頃から21時頃
です。

 

また、配達日数に関しては距離によって異なります。
当たり前ですが、近いところより遠くに送る場合のほうが日数がかかります。
また、冬の雪や夏だったら台風など、悪天候などの影響で遅れが生じたりする事もあります。
ちなみに、配達日指定の場合、指定日の10日前から差し出しを受け付けてくれます。

 

ところで、配達時間を指定された荷物に対して、受け取り人のほうから時間変更などができるかというと、ゆうパックの場合は不可能です。
それは「荷物に関する「指示」は「荷送人」だけができることになっている」というゆうパックの約款を遵守しているからのようです。
もし荷物配送時に不在の場合は、再配達をしてくれます。
これは無料で翌々日までの間に2回(初回と合わせて3回)行ってくれます。
その際には受け取り人のほうから受け取り時間を指定することが可能です。
インターネットや電話などで気軽に依頼することができますよ。
引越しで利用するなら、再配達にならないようできるだけ在宅していたいですね。
直ぐに必要な荷物も、受け取るまでに時間がかかってしまうことになります。

 

このページの先頭へ戻る

その他の運営サイトへのリンク

マンションを売る方法ナビ|不動産を高く、早く売りたいなら マンション 売るはこちら。
あなたのマンション、今売るといくら? 高く売れれば、マンション買い替えの資金も大幅アップするかも!

 

引越しで大安は高い。では、友引、先勝、先負、赤口、仏滅は… 引越し 大安はこちら。
土日や大安の引越しは、料金が高くなりがちですが、このサイトでも紹介している引越し一括見積もりを利用すれば、安い業者がみつかるかも!

ホーム RSS購読 サイトマップ