郵便局 転居届

「e転居」で郵便局への転居届をラクに提出!

引越しが決まったら、郵便物を新居へ転送するため、郵便局へ「転居届」を提出しなければいけません。
ですが、これ・・・引越しで忙しい身にはけっこう面倒ですよね?

 

@郵便局へ行き、「転居届」をもらう。
A記入して郵便局の窓口へ持っていく、または投函する(切手は不要)

 

仕事や育児に追われていたり、引越しの荷作りや手配などで余裕がないと、郵便局に行く時間もとれません。
うっかりすると忘れてしまうことも…。

 

そんな方へ、いま郵便局のホームページでこの「転居届」も出せるようになっていることをご存知ですか?
「e転居」というサービスで、インターネットからの「転居届」が提出可能、とても便利なんです!
※メールアドレスと携帯電話またはスマートフォン(PHSも可)が必要となります。

 

手順は簡単、以下の通りです。

 

  1. 郵便局のホームページ内「e転居」から、必須事項を入力・送信
  2.  

    e転居

     

  3. 手続き中に画面に記載されている転居届確認センターへ、先ほど入力した番号の携帯電話(スマホ・PHS)から電話をかける(※通話料がかかります。)

 

携帯電話による本人確認となるため、窓口での手続きの場合に必要となる免許証などの提出が不要となり、簡単ですよね!

 

ちなみに、郵便窓口に紙の「転居届」を提出する場合は、「転居届」用紙の他に、本人確認と旧住所の確認のため、以下の物が必要となりますのでご注意ください。

転居届

 

@本人(提出者)の確認

 

・個人の転居の場合
ご本人(提出者)の運転免許証、各種健康保険証など

 

・会社、団体等の転居の場合
社員証、各種健康保険証など窓口へお越しになる方と会社、団体等との関係が分かるもの
(転居届の「届出人氏名印」欄には、代表者の氏名の記入および押印をお願いします。)

 

A旧住所の記載内容の確認
転居者の旧住所が確認できる運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード又は住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるもの

 

これらを用意して行かないと、再度郵便局へ足を運ぶことになってしまいますのでご注意ください。

 

また、転居サービスの開始には、転居届の受付完了から一週間程度かかる場合があります。
その間の郵便物が送り主に戻されてしまう可能性がありますので、引越し日が決まったら、早めに手続きをおすすめします!

 

 

 

「 ゆうパックや宅急便で引越し。専門業者の単身パックもおすすめ!」HOMEへ戻る

ホーム RSS購読 サイトマップ